「鬼に金棒」導入価格表
  • 基本契約期間は5年。 次回更新時は、保守加入値引きや期間内入替値引きが適用され、更にお得です。
  • WAN(VPN)構築には拠点一箇所につき初回200千円の基本構築料金が別途必要です。

「鬼に金棒」 価格表

(表示価格はすべて税抜価格、保守料金は年額です)
 「鬼に金棒」タイプ5年
利用価格
6年
利用価格
指導料金保守料金
総合(販売+仕入在庫)504.0千円585.6千円250.0千円36.0千円
販売336.0千円390.0千円200.0千円24.0千円
仕入在庫252.0千円292.8千円200.0千円18.0千円
追加ライセンス(クライアント台)126.0千円146.4千円
10.0千円
VPN追加ライセンス(台)210.0千円243.6千円
15.0千円

* 1)保守料金は、導入(更新)1年目は無償です。
* 2)「N:追加ライセンス」はLAN上でのクライアント台当たり価格です。(6クライアント以上は別途割引価格あり)

オプションソフト 価格表

(表示価格はすべて税抜価格、保守料金は年額です)
 オプションソフト名5年
利用価格
6年
利用価格
指導料金保守料金
OPHTPC・ハンディPC版
(ハンディ基本版)
336.0千円390.0千円150.0千円24.0千円
OPHT・ハンディ販売
(ソフト/台)
72.0千円84.0千円
OPEOS・EOS PC版
(EOS基本版)
336.0千円390.0千円150.0千円24.0千円
OPEOS/H・EOS
(EOS通信手順)
72.0千円84.0千円
OP通販オプション・
名産便オプション
(名産便拡張版)
252.0千円292.8千円150.0千円18.0千円

* 保守料金は、導入(更新)1年目は無償です。

  • N・Wの追加ライセンスは単独ではご使用できません。A・B・Cタイプを導入ください。
  • 「W:VPN追加ライセンス」は、遠隔地の営業所のPC台数必要。Windowsサーバも必須です。
  • 保守料金は、単独(1台)使用の場合を提示。LAN・WAN・時間外適用の場合は弊社窓口にお問い合わせください。
  • 「鬼に金棒」導入の際は、 インターネット環境とインターコムのLAPLINKが必須です。
  • 「OP:オプションソフト」は単独ではご使用できません。
  • ハンディへの拡張は、HTPC×1、HT×ハンディ台数が必要になります。
  • EOSへの拡張は、EOS×1、EOS/H×通信手順数が必要になります。
  • 通販・産地直送への拡張は、「OP:通販オプション・名産便オプション」を追加するだけでOKです。
  • ソフトのみのリース(5年・6年)もご利用になれます。弊社担当にお問合せください。
  • 出張指導が、当社拠点から100Km以上及び離島、宿泊を伴う場合、別途実費が必要です。
  • 「鬼に金棒」は、契約期間による「利用権」となり、契約期間に応じて金額が異なります。
  • 価格の改定や改正は予告することなく行いますので、予めご了承ください。

お気軽にお問い合わせください。0957-26-1130受付時間 9:00-17:00 [ 土日祝日を除く ]

資料請求・お問い合わせはこちらから お気軽にお問い合わせください。